食材・ミールキット・オイシックスの美味しいところ

オイシックスの存在を意識した日

まずは自己紹介。40代半ばの私。13歳娘、4歳息子。夫は単身赴任(時々帰宅)の4人家族。
母(私)は料理が苦手でセンスがないと思っている。とくに家族の中に食べ盛りはなく、量は普通。
4人でお米は1.5合。意外と少なめなのは私がにわか糖質オフダイエット中のため。(中途半端でなんの効果もない)

『ミールキットはじめちゃおうかな』

の、きっかけは、家事の負担を減らすためとか、健康的な食習慣のためとか、そんなことではない。
「娘の視線が怖いから」である。

夫は留守がち。下の息子は好き嫌いが激し過ぎて「食事」というよりも毎回同じ「えさ」のような豚バラの生姜焼き。食に興味を持つことなく育ってしまった私は、料理も適当。そんな家庭で過ごす思春期真っ盛りの娘は、ある日気づいてしまったのだ。

「おかあさん、また今日も冷凍うどん?」

その時私も気づいたのだ。娘を私のようにしてはいけない。きちんと食事の内容に気をつける、まともな生活をしなくては。

オイシックス生活はじめます!

【kit Oisix(きっと、おいしっくす)】

Oisix

大好きなことばがある。

体は食べたものでつくられる。

心は聞いたことばでつくられる。

未来は話したことばでつくられる。

北原照久さん

Kit Oisix

娘にはいつも、「何でもできるよ、無理だなんて思わず、何でも挑戦してごらん」という気持ちを込めてことばをかけるようにしている。小さい頃からそう声かけしてきたつもりなので、娘はすっかり自己肯定感を持った素直で優しい頑張り屋さんに成長した。

「心」も「未来」も大切だけど、何よりまずは一番先に大切にするべき「体」。

それは何からつくられるって?

食べたもの!なのだった。あーそうだった。親としてできることはたくさんあるけれど、何よりもバランスのとれた食事、食習慣を身につけさせること。それが大事!とよく聞くではないか。そんなことは分かっているけれど(はっきり言って分かってない)、仕事に家事に子育てにバタバタと過ぎていく毎日、私が最優先していたのは食事の準備よりも子どもとの遊びや対話の時間だったのだ。

服を引っ張り「遊ぼう!」とねだる子どもにイライラしながら、笑顔も見せずに食事(の準備)をするくらいなら、楽チンなテイクアウトでニコニコ一緒に食べる方がお互いハッピー!と思ってやってきた。

実際に小さい頃はそれで良かった。あれは大成功だったと思う。

だけどもう娘はお年頃。料理に関して不器用だった自分への言い訳になっていたかも。息子はまだまだ遊びたい盛りで、同じように「一緒に遊ぶ」を優先してあげたいけれどこんな食生活のおかげか、しっかり好き嫌いの激しい子になってしまった。

年の離れた子どもたちは、遊びも異なれば食事も異なる。片方は心が繊細な思春期で、片方はやんちゃ盛りの甘えっ子。それでも 体は食べたものでつくられる のだ。

心の健康と体の健康とどちらを大切にしようか・・・なんて考えている場合じゃない。両方!


自分でも「どうにかしなくちゃな…」と思っていたのだ。心の奥の奥で。娘の一言とため息で、決断。食卓に彩りが欲しい。そして、愛情込めて作った感。も欲しい。オイシックス生活が始まったのである。

というわけで、数あるサービスと比べた訳では無いが、我が家にとってのオイシックスがどのようなモノか、誰かの参考になると思うので記しておこう。

オイシックスの良いところは?

世の中本当に便利になった。

オイシックスには綺麗で美味しそうな画像が山盛りのアプリがある。見ているだけで楽しい!一昔前は、こういうサービスといったら、分厚い冊子から選んだり、毎週溜まる広告のように、なんとなく資源を無駄にしていると感じてしまう注文書だったり、細かく書かれた紙に記入したり、と分かりづらい上に手間もかかった。

今じゃスイスイ、サクサク、選んだり消したり、また選んだり。それがかなり楽しい時間。スマホひとつで注文完了。(最近はコロナの影響で利用する人が増えたのか?少しつながりにくい時があるけれど)
注文締め切り直前まで、カートに入れたり出したり入れたり出したり・・・楽しめる。(そんなことをしているのは私だけか?)そのたびに保存の必要はなく、勝手に保存してくれるシステムに最近変更されたのが本当に助かる。


我が家ではまずなくてはならない「キット」メニュー。予めレシピと材料がまとまっていて、受け取ったらあとはカットしたり炒めたり調理をするだけ。お惣菜のようにまるっきり出来上がっている訳では無く、きちんと火を使って料理をするので(中にはチンだけのメニューもあるけれど)、「おかあさん、作った!子どもたちよ、さあ、お食べ!」という気分になれる。

さらに、見たこともない野菜だったり、絶対自分では買わない食材だったり。そんなものを子どもたちに見せられる。(自己満足か?)

キット以外にももちろん野菜、フルーツ、牛乳からワインまで何でもある。冷凍食品もいろいろそろっていて、我が家で最近評判の良かったものはお好み焼き。土日ランチはそうめん+お好み焼き。またはおそば+お好み焼き。
またはパスタ+お好み焼き。6分チンするだけでふわふわの贅沢が待っている。(ソースがとくに美味しい)

他にもオススメはたくさんある。
冷凍のバゲット(ガーリックバター入り)。これは安い冷凍パスタ(近くのスーパーで200円弱)と一緒にいただく用。食卓が一気にレベルアップ(?)。


我が家では、というか私の性格上、「やっぱり今週はやーめた!」ということが頻繁にあるが、毎週キャンセルも可能(スマホのアプリから簡単に)。少し節約期間を経て、やっぱりオイシックス!となり、細く長ーく続いている。
実家から野菜が大量に届いたとか、スーパーで冷凍食品を大量に買い込んでしまったなど、その時の都合に合わせて注文したり、キャンセルしたり自由自在!

【期間限定発売】渡部健監修kit Oisix入りおためしセット】

小さなお子さんをかかえて頑張るママやパパはもちろん、お仕事で忙しい家庭にも。そして私が真っ先に進めたのが実家の両親。70代夫婦。簡単で、しかも体に優しい。そしてきちんと作ってる感(これ大事)。なかなか買い物も大変なこの時期。母は私よりもオイシックスにハマっているかも。

自分で作りやすかったレシピ、人気だったメニューや気軽に作れそうなレシピはファイルして、いつでも見返せるようにしてある。なんとキットを買わなくても後から自分で作れるように詳細のレシピを載せてくれているのだ。ありがたい!だけど結局買った方が楽、となりついついキットを買ってしまう。


他にもオイシックスをはじめて学んだことがある。毎週届く、オシャレなオイシックスのダンボール。(母の日の時期はピンクだった!)

これを簡単にペタンコにする方法。

Oisixbox

たったこれだけのことが私にとってはまるでエジソンの発明!みたいな驚きと嬉しさ。

ダンボール側面のpushのところを両手で同時に押すだけ。はじめてこれをやったときの快感と言ったら!

もちろんガッチガチなガムテームとか頑丈なホチキスなどで閉められたダンボールは難しいが、底をテープで貼られただけのダンボールならこの方法で簡単にペタンコになる。踏んづけたり、テープを剥がすのに手間がかかったり、ほんの小さな小さなことだけどそれがどれだけストレスだったか。(私だけ?)

母の日には毎年両家の母に花を送っていたが、普段から注文し慣れているアプリから簡単に注文することも可能。

早割などのキャンペーンも随時行っているから、登録しておけばお得でしかも忘れない。(毎年、前日になって「どーする!どうーする!」とやっていた。(これもわたしだけ?)

ちなみにわたしはなんと、VIPだ。

VIPサービスとは
おいしっくすくらぶに登録後、
・3ヶ月以上が経過し、3ヶ月の購入金額が月当たり平均2万円
・6ヶ月以上が経過し、6ヶ月の購入金額が月当たり平均1万円
のお客様がVIP会員となれるらしい。

限定商品や先行販売商品を紹介してもらったり、ポイントが1.5倍だったり。
何よりアプリ内のVIPコーナーに、フルネームで〇〇様、、、
と書かれていて気分がいい!(これ大切)


まとめ

ということで、わたしが(個人的に)オススメなオイシックスのポイントはこちらでした。

  • 思春期の子どもに「きちんと料理してる感」を醸し出せる
  • 体に安心!な食材で贅沢感が味わえる
  • 見てるだけでも楽しい、美しい写真満載のアプリ
  • 注文・キャンセル・「見てるだけ」がやりたい放題
  • レシピが見やすい、ファイリングして後々利用できる
  • ダンボールのペタンコ用push表示(なんのこっちゃ)
  • 母の日キャンペーンなどイベントいろいろ
  • 気分が良くなるVIPサービスがある

コロナの影響でお客さんも増えているようで、今までは「キャンセル」をしなければそのままカートに入っている食材が届いてたが、(最初に「提案」されているので、それを自分で自由に変更していく仕組み)最近では、締切日までにカートの中身が変更されていなければ(一度も触っていなければ)自動的にキャンセルになるようになった。

食材の無駄や働いている人たちのことを考えると、キャンセル週は早めにキャンセル。を心がけている。

オイシックスをはじめてから、料理のレパートリーが増えた!という人が多い。わたしはまだまだ恐れ多くて言えない。

でも、食卓が豊かになった(食材、色、会話、すべてにおいて)。これだけは声を特大にして言える。

【期間限定発売】渡部健監修kit Oisix入りおためしセット】